子供の視力回復について

子供の視力を回復させる方法はこちら↓
視力低下の悩みを解決できる、マニュアル&トレーニング・キット

今なら、無料相談、無料のレポート付きです。
資料の請求は、こちらから。

視力回復を達成しても視力回復トレーニングを続けましょう

おそらく大半の人が視力が回復したら、もう視力回復トレーニングからは、解放されたいと思っているのではないでしょうか?
長い期間をかけて毎日地道にコツコツとトレーニングをしてきた人は、特に強くそう思っていることでしょう。

しかし視力が回復しても毎日少しの時間でもよいので、視力回復トレーニングを続けていくことをおすすめします。
せっかく生活リズムに溶け込ませ、習慣化した視力回復トレーニングを突然ピタリとやめてしまうのも、もったいないような気がしますし、まだまだ油断は禁物です。
今後は、視力改善から視力悪化の予防という目的で視力回復トレーニングを行っていくようにしましょう。

そして今までは視力が回復することだけを強く願って、あまり心にゆとりのないピリピリとした感じで視力回復トレーニングを行ってきたと思います。
しかしこれからは、もう視力は回復しているのですから心に余裕をもって、力を抜いてゆったりとした気持ちで毎日少しずつトレーニングを行っていきましょう。

子供の視力を回復させる方法はこちら↓
視力低下の悩みを解決できる、マニュアル&トレーニング・キット



また視力は改善しても新しい視力に合わせて、屈折度数が改善されるのに2〜3ケ月はかかるそうです。
ピント調節機能である毛様体や虹彩が改善されても、屈折度数が改善しない限りは、まだまだ安心することはできません。
また悪化してしまう可能性は大いにあります。

なので、視力が回復しても、これまでほど力を入れる必要はありませんが、変わらず生活習慣の一部として視力回復トレーニングを行っていくようにしてほしいものです。