子供の視力回復について

子供の視力を回復させる方法はこちら↓
視力低下の悩みを解決できる、マニュアル&トレーニング・キット

今なら、無料相談、無料のレポート付きです。
資料の請求は、こちらから。

視力回復トレーニングを習慣化する

「今日から、視力回復に向かってがんばるぞ!」と誰もが最初ははりきって、視力回復トレーニングを始めていることでしょう。
しかし、人は「トレーニング」や「訓練」という言葉に弱い生き物です。
「やらなければいけない」あるいは「やらされている」という思いが強ければ、強いほど途中で挫折してしまいます。

しかしお風呂や洗顔、歯磨き、化粧、整髪、などは毎日欠かさず実行できています。
しかも朝家を出る1時間くらい前(人によって時間に違いはありますが)に起床して、その1時間に歯磨き、化粧、整髪、化粧を行っています。
もしかすると、ひどい人では、これらのことに力を入れすぎて、遅刻する人もいるのでは?
なぜこれらのことは、毎日継続して実行できるのでしょうか?
なぜさぼったりしたくならないのでしょうか?

それは、習慣化しているからです。
習慣とは長い間繰り返し行っていくうちに、そうするのがきまりのようになったことをいいます。
つまり視力回復トレーニングも習慣化してしまえば良いのです。
視力回復トレーニングもお風呂や歯磨き、化粧、整髪などといった生活リズムの中に溶け込ませれば「やらなければいけない」あるいは「やらされている」という思いも消えて、次第に「やるのが当然」という思いに変化していくのです。

子供の視力を回復させる方法はこちら↓
視力低下の悩みを解決できる、マニュアル&トレーニング・キット


生活リズムに組み込まれている習慣を実行するために人は無意識に時間を作っています。
なので、視力回復トレーニングも習慣化させれば、無理せず自然にそのための時間を作っていき、体が動いていくことでしょう。

しかし人はおかしな生き物で、行儀の悪いことや、サボリ癖など悪い習慣はすぐに身につくのですが、良い習慣はなかなか身につきにくいものです。
ある程度は、忍耐や根気が必要ですが、「本当に身につくのだろうか」とか「本当に視力は回復するのだろうか」などとあれこれ考えることはやめて、自分を信じてまずは少しずつやっていくようにしましょう。
初めは短時間でよいのです。
1日の中に必ず視力回復トレーニングをする時間を作るということからやってみて下さい。

一番理想的なのは、視力回復トレーニングを行わないとなんだか落ち着かず体がしっくりこない、あるいは、視力回復トレーニングを行わないと1日が終わったような気がしないというような状態までもっていくことです!