子供の視力回復について

子供の視力を回復させる方法はこちら↓
視力低下の悩みを解決できる、マニュアル&トレーニング・キット

今なら、無料相談、無料のレポート付きです。
資料の請求は、こちらから。

視力回復トレーニングで重視すべきは、目先の結果ではなく過程


単調な視力回復トレーニングを継続して行っていくためにも、とても重要なことは、まず自分の目標を決めることです。
焦らず、自分のペースで目標に向かって少しずつトレーニングしていくことがポイントです。

しかし目先の視力に惑わされて、一喜一憂しないように気をつけてください。

「トレーニングしているというのに、全く視力が上がらない」とか、「この前は視力は上がって喜んでいたのに、今回は下がってしまった」などと色々と考えることも多々あるとは思いますが、視力はトレーニングしたからといってすぐに効果があらわれるというものではありませんし、体の状態などによっても変化することがよくあります。
おそらく、視力がどのくらい上がったのか気になって、頻繁に視力を計測したくなるとは思いますが、視力の上がり下がりで目標を達成したか否かを判断するのはやめましょう。
視力回復トレーニングはあくまでも長期的なトレーニングです。
目先の視力の結果で喜んだり、悲しんで不安になったりの繰り返しをしていては、それこそ挫折の道まっしぐらのもとです。
視力回復トレーニングで効果が少しずつあらわれてくるのは数ケ月先からと考えてください。
1日、1週間そこらで、いい結果が出たからといって安心しないで下さい。
日々のトレーニングによっては、また下がる可能性もあるのですから。
つまり視力というものは、毎日のトレーニングによって左右されるということです。
たとえ1週間後に目標に近い数値の視力を出したとしても、トレーニングのやり方によっては、元の悪い視力に下がってしまうことでしょう。

なので、視力回復トレーニングで重視すべきことは、その時その時の目先の結果ではなく、目標を達成するまでのトレーニングの経過、過程にあるということを忘れないでください。
トレーニング後の視力の結果で1日を締めるのではなく、今日もサボらずにきちんと計画通りトレーニングを行えたという達成感を味わうことで1日を締めるようにしましょう。
そうすれば、きっと挫折をせずに継続することができ、目標を達成する、あるいは近づくことができますから。
まずは、毎日の小さな努力から地道に視力回復トレーニングを行っていってください。