子供の視力回復について

子供の視力を回復させる方法はこちら↓
視力低下の悩みを解決できる、マニュアル&トレーニング・キット

今なら、無料相談、無料のレポート付きです。
資料の請求は、こちらから。

視力回復トレーニングのすすめ

なぜ視力回復トレーニングをすすめる人が多いのかというと、それは一生を共にしなければならない目の健康を守るためでもありますが、その一生の生活を保つ為には仕事をしなければならないからです。
仕事をするには、やはり目はとても重要です。
もちろん目が見えなくても仕事をしている人はたくさんいますし、立派に働くことができています。
しかし目がよく見えていたほうが、仕事がスムーズに進みますし、職の選択肢も広がります。


ところが単に目が見えているというだけでは、どんな仕事も無条件でできるというわけではありません。
中には一定の視力基準を満たさなければ職に就くことができない職業もあります。

仕事をする技術、能力は十分にあるけれど視力が低いが為に、小さい頃から夢見てきた職をあきらめなければならいなんてことになると、なんだか悔しくありませんか?
きっと夢を実現させるために、たくさんの努力をしてきた人もいることでしょう。
その努力を無駄にしない為にも、視力回復トレーニングをすることによって、視力を回復させ、希望の職業に就き、幸せで楽しい生活にしていきましょう。


参考までに人気職業別に適正基準を簡単に記しておきます。

消防士・・・両眼とも1.0以上。矯正視力の場合、裸眼視力0.1以上。
*消防士は、市町村によって、基準が異なります。詳細は区市町村へお問い合わせ下さい。
警察官・・・両眼とも0.6以上。裸眼視力0.1以上で矯正視力1.0以上。
看護士・・・両眼とも1.0以上。
船舶操縦士・・・両眼とも0.6以上。一眼の視力が0.6未満の場合、他眼の視力が0.6以上かつ、視野が左右150度以上。
客室乗務員・・・コンタクト矯正1.0以上。
自衛隊・・・両眼とも0.6以上。裸眼視力0.1以上で矯正視力0.8以上。
騎手・・・両眼とも裸眼視力0.6以上。メガネ、コンタクトレンズ不可。
競艇・・・両眼とも裸眼視力0.8以上。メガネ、コンタクトレンズ不可。
オートレース・・・両眼0.6以上、色盲や色弱でない者。

また大変人気のあるパイロットは、視力矯正手術(レーシックなど)を受けていると就くことができません。
パイロットになるための条件は、各航空会社の募集要項などを参考にしてください。

このように、職業によって、視力の基準はさまざまで、複雑です。
しかし視力さえ良ければ、こんな基準は気にしなくてもよいのです。
だからこそ、視力回復トレーニングを強くすすめるのです。
自分の能力、努力、チャンスを無駄にしないためにも早いトレーニングはおすすめします。